メインへ戻る

学生・一般の方のQ&A

Q

ボクシングどころか運動をほとんどしたことがないのですが、続けられますか?

A

全く問題はありません。ジム生(ジムに通う練習生)の中には小学生〜60代の人がいますが、ほとんどの人は学校、社会に出てから学業、仕事が忙しく、ジムに入るまで運動らしい運動をしてこなかった人たちです。

Q

どんな練習をしているのですか?

A

練習内容は各個人にまかされますが、大まかな練習内容は次の通りです。それぞれにかける時間や順番も人それぞれで、体力や体調、練習に割ける時間などで各自が決めています。なお、通常は1R(1ラウンド:3分間)を単位に、1〜数Rそれぞれの練習を行っています。
  1. 準備体操(ストレッチングなど)
  2. シャドーボクシング
  3. ミット打ち(会長やトレーナーがパンチを受けてくれます)
  4. サンドバック
  5. ロープ(縄跳び)
  6. 筋トレ(背筋、腹筋など)
  7. 整理体操
このほかにマスボクシング(相手を伴うダメージのない練習)、スパーリング(相手がいる実戦に近い練習)をすることがあります。(日常生活では体験できない、スリリングな世界を安全に体験することができます!)

Q

最初からすべての練習を行うのですか?

A

最初のうちはジャブ、ストレートなどの基本的なパンチの練習から始めます。会長、トレーナーが正しいフォームで打てるようになるまで指導しています。ジャブやストレートをマスターしたら、左フック、アッパーなど種類を増やしていき、またサンドバックやリング内でのシャドーボクシングなど、練習のバリエーションを増やしていきます。

Q

ボクシングというと、プロを目指す人がやるスポーツではないのでしょうか?

A

プロボクサー、プロ志望の人も沼田ボクシングジムにはいますが、ジム生の比率からいえば、健康づくりやストレス解消、ダイエットやメンタルヘルスを目的にフィットネスの一つとして来る人が多いです。

Q

ボクシングをしたいと思っていますが、なんだか怖い気もしています。

A

練習で危険なことはありませんし、練習内容は各自が決めます。安全で恐怖心なくボクシングを学べるように会長、トレーナーが指導しています。フィットネスとして楽しむこともできます。技術の習得レベルに合わせてマスボクシング→スパーリングまで行うといったように、安全&安心して希望に沿った練習ができます。

Q

部活動とボクシングジムとでは違いがありますか?

A

最大の違いは、部活動は教育の一環として行われるのに対し、ボクシングジムは自分の目的(健康づくりやストレス発散、趣味、プロ志望など)のために通う人が多いことです。部活動の場合は、教育的な側面から、部活動をする上でのルール、指導者に対してや先輩・後輩のルールなどがあり、また練習時間が放課後など限られた時間ということから、集団で同じ練習を行うことが多いかと思います。対してボクシングジムは、さまざまな人が通っていますし、練習も自分のペースで好きな時間に行うことができます。ただし、もし将来ボクシングのプロを目指す場合は、ボクシング技術と体力を身につけてもらうために、他のジム生と比べて厳しい練習が課せられる場合があります。

Q

学生時代にボクシングをすることのメリットはありますか?

A

あります。学生のほとんどの人は成長期にあると思います。大学生であっても、骨格や筋肉が発達する時期です。成長期は体や脳が成長する時期であり、あまり意識されていないと思いますが、実は長い人生において限られた時間で、その時期にボクシングであれ他のスポーツであれ、体を鍛え、刺激を与えることは、体、そして脳にもよい影響があり、将来において、とても重要な意味を持つと思います。 またボクシングは攻撃性の発散やストレス解消にもなります。いろいろ悩んだり煮詰まったりしたとき、ミットやサンドバックを叩くことで気分転換ができるかもしれません。また、学校以外の世界を持つことは、学校という環境の外から学校生活を見直す効果もあるかと思います。

Q

女性のジム生はいるのですか?

A

毎日、何人もの方が練習しています。

Q

シャワー等はあるのですか?

A

シャワーは備わっています。ロッカールームはありませんが、女性の方などはシャワー室を交代で使って着替えています。ロッカーボックスがありますので、それぞれの衣類等はそこに入れてもらっています。また小さな冷蔵庫がありますので、飲み水などは各自そこに入れています。

Q

土日しか行けないと思うのですが、割引はありますか?

A

土日だけの休日会員があり、料金は半額程度になっています。練習日、練習時間など詳しくは当ホームページを参照ください。

Q

会費を納めていれば、すべての練習日に来てもいいのですか?

A

大丈夫です。ぜひ毎日練習にきてください。

Q

ジムや練習風景を見ることができますか?

A

いつでも見学可能です。突然でも結構ですが、事前に連絡をいただければその時間に会長が対応できるようにします。

Q

ジムに入るときに必要なものはありますか?

A

入会費と会費を納めていただきます。あとはバンテージ(手の保護に巻く包帯のようなもの)を自分で用意していただくか、ジムで購入していただきます(1200円程度)。もし、すぐに自分のグローブを希望する場合はジムで購入することも可能です(ジムに通い続けられるか不安な場合は、グローブはしばらくジムの物をお貸ししております)。練習時には、動きやすい服装と靴とタオル、できれば飲み物もお持ちください。なお、グローブやボクシングシューズ、マウスピースなど専門的なもので自分に合ったものを選びたい場合は専門店を紹介しています。

トップへ戻る

女性の方のQ&A

Q

女性のジム生は何人ぐらいいますか?男性の間で練習することに不自由はないですか?

A

女性のジム生は現在15人ほどです。会長をはじめ、練習生の方も女性に親切なので、とくに不自由を感じることはないのではないかと思います。

Q

ジムの雰囲気はどうですか?

A

ボクシングジムというと、ピリピリした雰囲気の中で練習する姿を想像するかもしれませんが、沼田ボクシングジムはプロボクサー、プロ志望の方を優先するということはありません。子どもから中高年の方、女性で区別なく、同じ目線で会長やトレーナーが接しています。アットホームな感じで練習できると思います。一度見学に見えられることをお勧めします。

Q

ジムは清潔ですか?着替えはどうやっていますか?

A

ジム自体は決して新しくないですが、掃除は行き届いています。女性のほとんどはシャワー室で着替えていますが、近くに住んでいる方で着替えてきて、そのまま帰る人もいます。

Q

ダイエット効果はありますか?

A

ボクシングは有酸素運動(息をしながらの運動)と無酸素運動(呼吸を止めての運動)が混在した全身運動です。1R(ラウンド:3分間)単位で何Rも動くため、脂肪燃焼に効果的です。ですからダイエット効果は高いと考えられます。また筋肉も鍛えられるので二の腕が引き締まり、脂肪を燃焼しやすい体になります。

Q

フィットネスクラブのボクササイズとどこが違うのですか?

A

フィットネスクラブの場合は、決まった時間にインストラクターの動きに合わせて全員が同じ練習をしますが、ボクシングジムでは、各自が自由な時間に来て、自由に練習をします。ミット打ちやサンドバックなどを好きなだけできるのもフィットネスのボクササイズと違うところです。

Q

ストレス解消になりますか?

A

ストレス解消にはもってこいです。サンドバックを叩くなど、全身を使って汗をかくと頭の中がすっきりすると思います。また、女性の中には、おしとやかさが求められ、攻撃的な行動はとってはいけないことという教育を受けた方もいると思います。そのような方は、自分の怒りなど攻撃的な感情の発散が苦手になりやすいそうです。ボクシングでミットやサンドバックを叩くといった、非日常の行動をとることは、ため込んでいた感情の発散など、ストレス解消に効果があると考えられます。

Q

どのような服装で練習すればいいのですか?

A

動きやすい服装と靴であればとくに問題はありません。また化粧ですが、けっこう汗をかきますので、汗で流れるものは避けた方がいいかもしれません。

トップへ戻る

子どもと保護者の方のQ&A

Q

何歳からジムに通うことができますか?

A

何歳からでも大丈夫です。小学校1年生の時から通っている子もいます。

Q

親子でジムに通っている人はいますか?

A

たくさんいます。父親と息子、父親と娘で一緒に、またはバラバラで通ってきています。ぜひこの機会にお父さん、お母さんも一緒にボクシングを始めてみませんか?

Q

ボクシングを習うとケンカ好きになる、不良になるということはありませんか?

A

ありません。むしろ、自分の力がどのくらいかわかってきますし、攻撃性が練習で発散されるので、暴力を自制するようになります。

Q

武道を習わせようか、ボクシングに通わせようか、迷っているのですが、どう違うのでしょうか?

A

多くの武道では決まった時間に集団で練習をしますが、ボクシングジムでは好きな時間に来て、会長やトレーナーによる指導やミット打ち(的を持った指導者の指示に合わせてパンチを打つ)の他は、基本的に一人で練習します。また、武道では型を重視する(決まった動作を一人、または相手と繰り返す)ことが多いですが、ボクシングでは自分で考え、自在にパンチを打つトレーニングを重視します。武道によっては足技がありますが、ボクシングは手によるパンチのみで、足はフットワークと上体を安定して支える訓練をします。

Q

武道と違ってボクシングは礼儀作法などの精神性に欠ける気がするのですが・・・。

A

空手や剣道などと違って正座することはありませんが、ジムに入るとき、出るときには挨拶をすることになっていますし、1R(ラウンド)ごとに、年齢性別にかかわらずジム生(ジムに練習に通っている人)が交代で汗で汚れた床を拭く姿を見たり、真剣に練習に打ち込む姿を見ることは、子どもの精神性を高めたり、礼儀作法などのしつけにも役立つと思います。

Q

沼田ボクシングジムの特徴はどのようなものでしょうか?

A

ジム設備やトレーナーは他のボクシングジムと大差ないですが、プロボクサー、老若男女にかかわらず、同じ目線で等しくトレーニングが行えるアットホームなジムです。ですから小学生の子どもが一人で来て会長、トレーナーとミット打ちなど練習しています。少年、少女時代に元世界チャンピオンにミットでパンチを受けてもらったというのは、いい思い出になるかもしれません。

Q

ボクシングでは、右効きの人は左側を前に出すフォームで動くように、動きが片側中心ですが、成長期にそのような動きをして大丈夫でしょうか?

A

ボクシングだけでなく、剣道、またテニス、バトミントン、卓球などの球技、ゴルフなども一方向に動きますが、それで成長に偏りが出たということはとくに聞かないと思います。プロ選手は腰を痛めるなどのことはあるようですが、多くジムに来たとしても週に6日、1時間程度の練習でそのような障害が出るとはまず考えにくいです。もし気になる場合は、左右均等に体を動かすという意味で、反対側の構えも練習するといいでしょう。

Q

成長期の子どもがサンドバックを殴ると、手の成長が止まるということはないのですか?

A

ないと考えられます。というのは、子どもたちの練習ではそれほど力一杯サンドバックなどを叩きませんし、骨の成長はむしろ刺激を与えることで促進されるからです。もし、力が瞬間的に加わることで成長が止まるのであれば、ジャンプしたときなどに自分の体重が思い切り負荷として加わる足の骨は成長できないことになります。

Q

ジムでの練習は、子どもと大人とで異なりますか?

A

内容的には異なりませんが、子どもの場合は練習量を減らしたり、休み休み練習することが多いです。

Q

ボクシングに通ってケガをするおそれはありませんか?

A

可能性は低いです。もしケガをする機会があるとすれば、スパーリング(リングでヘッドギアをつけるなど防御用の配慮をした上で相手と実戦のように戦う)の場面ですが、ある程度技術を習得したのちに、本人が希望して会長またはトレーナーの許可が出た場合のみに、会長またはトレーナーの立会いの下で行われ、さらに中学生以下でスパーリングが行われることはまずありません。

Q

「子どもがボクシングを学ぶ」ということのメリットとして、どんなことが挙げられますか?

A

体力や自信がつくなどもありますが、一番のメリットとして、子どもに内在する攻撃性を練習で発散できることが挙げられます。とくに男の子に言えることですが、近年までほとんどの男の子は自然の中でたくさんの生き物を捕まえて殺したり、集団遊びなどの中で小さな諍いやケンカをして成長するというのが通常の成長の過程であり、恐らくは人類共通の育ち方であったと思われます。しかし、今日の子どもたちは成長の過程で、体を使って、自分たちの体に内在する攻撃性を発散する場面をほとんど持たずに過ごしています。このようなことは人類の歴史で初めてのことです。この点でスポーツは、体を使って相手(チーム)と戦うことで、攻撃性を発散したり、攻撃性のコントロール能力を高めることに役立ちますが、とくにボクシングはサンドバックを叩くなど、攻撃性の発散に役立つと思われる練習が多く、子どもの健全な成長に役立つと考えられます。最近はゲームばかりで自分の体を使わない子どもが増えていますが、シューティングゲームや格闘ゲームだけですと空想のみですので攻撃性がエスカレートする恐れがあります。しかしボクシングなどで実際に体を動かすと、できることとできないこと、またやってしまったときにどのような被害がでるかなどをイメージしやすくなってきますので、攻撃性のコントロールにも役立つと思われます。また、ボクシングジムにはさまざまな職業や年齢の人が来ています。地域社会の絆が希薄化した今日、子どもが多様な大人と接する機会はほとんど失われていますが、ボクシングジムで小さい頃から会長を含め、さまざまな大人と接することは成長においてプラスと考えられます。単にボクシングを学ぶ、ということだけでなく、元世界チャンピオンをはじめとしたさまざまな大人と接したり、また何かを叩くという非日常的・本能的な行動をとる場として、ボクシングジムは子どもたちの成長に大いに役立つことでしょう。

トップへ戻る

ご年配の方のQ&A

Q

この年で運動をしても、意味がないと思うのですが・・・。

A

最近の研究で、いくつになっても鍛えれば筋力は向上することが分かってきました。たとえ100歳を超えていても筋力は向上する可能性があります。また逆に、年をとるごとに、筋肉に負荷をかけないと、どんどん筋肉が衰えてしまうことも明らかになっています。 そのため現在では、高齢期に健康的に生きるために大切なことは「生活の不活発」や「身体の不活発」を防ぐ、つまり、できるだけ体を動かすことが何よりも重要と考えられるようになってきました。「この年で」といった年齢はありません。いくつであっても、現役の意識をぜひお持ちください。

Q

高齢期にボクシングのような激しい運動をしても大丈夫なのでしょうか?

A

ボクシングジムでは練習は自分のペースで行えますので、自分の体力の現状や体調と向き合いながら、運動量をコントロールすることができます。会長などミットを受けるトレーナーもその辺は配慮していますので、心配はいりません。

Q

いろいろ体にガタが来ていて、運動などしない方がいい気がするのですが・・・。

A

年をとるにつれて、体の衰えや持病など体に異常を持つことは当たり前のことといえます。 しかし、不具合があるからといって体を動かさないでいると、どんどん老化が進行してしまいます。今、高齢期で問題になっているのは、体の動かさなすぎからくる「生活不活発病」(廃用症候群)とよばれる現象です。これは、体をいたわって動かさないでいると高齢期では使わない機能(筋肉など)は急速に衰えるため、安静にすることで、かえってより早く寝たきりなどの介護が必要な状況になることをいいます。安静にしすぎると、むしろ体の衰えを促進してしまうのです。 高齢期こそ、積極的に体を動かすことが大切です。もし、ひざに痛みなどがある場合は「年だから・・・」と諦めるのではなく整形外科などで異常がないか調べてもらいましょう。また持病のある人は、主治医に相談してみてはいかがでしょうか。

Q

あまり激しい運動はしたくないのですが・・・。

A

筋肉は動かすだけで心身の健康に効果があることがわかってきています。最近の研究で、筋肉が伸び縮みすることで、筋肉から体を元気にする物質が分泌されることがわかってきています。それは体だけでなく、うつ病予防や認知症予防にも効果が認められています。ですから、激しくなくても体を動かすだけで、健康づくりに役立ちますので無理せず、楽しめるレベルで練習してください。

Q

高齢期にあえてボクシングをやる意味はなんですか?

A

運動(身体活動)は高齢期だけでなく、すべての人にとって心身の健康のために重要ですが、問題はなかなか継続しないことです。 実際、糖尿病などの生活習慣病の予防・改善の方法として運動療法があり、保健指導などで積極的に導入されていますが、なかなか継続はむずかしいようです。 その大きな理由の一つは、ほとんどの人は嫌々ながらやっているので、長続きしないのです。ですから、運動などの身体活動を継続して行うためには、好きなことをやるのが一番です。 もしあなたがボクシングやサンドバックを叩くのに興味がありましたら、そのような興味のあることにチャレンジするのが継続の大きな動機づけとなります。ボクシングをお勧めするのはそれが最大の理由です。

Q

サンドバックを殴ってケガなどしませんか?

A

高齢期に注意が必要な病気として、骨がもろくなり骨折しやすくなる骨粗しょう症があります。 「骨も砕けよ」と思い切り殴れば別ですが、拳にバンテージを巻いて、その上にグローブを付けていますので、自分でコントロールすれば、骨折のようなことは起きません。 逆に骨に適度な刺激を与えれば、骨の強化につながります。骨粗しょう症予防のためには、さらに牛乳や小魚や野菜などからカルシウムをとり、1日30分程度日光を浴びて体内にビタミンDをつくるとよいでしょう。

Q

高齢期にボクシングなどの運動をするときの注意点は?

A

とくに気をつけてほしいのは水分補給と体調管理です。高齢になると、のどが渇きにくくなったり、体温の調節が難しくなったり、肺炎や風邪などにかかっても体温が上がらないなど、自分の体の状態に気づきにくくなります。熱中症など脱水症状を防ぐために、普段から水分をよくとり、運動時には必ず意識して水分と塩分をとるようにしましょう。運動後に牛乳を飲むと赤血球が増えて熱中症にかかりにくくなります。また寒いときに頑張りすぎたり、息を止めて力んだりすると、血圧が急上昇して脳卒中や心臓病などの危険がありますので、寒暖差に気をつけて、自分のペースで体を動かすようにしましょう。いずれにしても、体調管理に気をつけ無理をせず、ちょっと調子が悪いと思ったらすぐに休むことが大切です。

Q

何時頃が運動に適していますか?

A

平日の午後15〜18時などはいかがでしょうか。 この時間帯は練習生が少ないのでゆったりと練習することができます。高齢期の方にとってプラスと思われるのは、この時間帯は体温が下がるためウトウトしやすいのですが、ここでうたた寝してしまうと夜、眠りにくくなります。そのため、高齢期の睡眠障害予防に夕方の運動が推奨されています。昼食の後30分以内の短い昼寝をして夕方に運動をすると夜眠りやすくなるだけでなく、認知症予防にも効果があることがわかっています。

トップへ戻る

プロ志望者の方のQ&A

Q

プロボクサーになるにはどうすればいいのですか?

A

プロボクサーになるには、プロテストを受験していただきます。東京では後楽園ホールにて実施されており、まず筆記テスト(ボクシングルールに関する問題)を行った後、同じ体重、もしくは近い体重の受験生同士で2R(1R=3分間)のスパーリングを実施します。プロボクサーとして必要な知識・技術・体力を審査員に評価され合否が決定します。沼田ボクシングジムではプロボクサーを目指すことを強制しませんので、プロボクサーライセンス取得を目標としたい方は会長まで意志を伝えてください。

※プロボクサーを入門時から目指す意思を伝える必要はありません。練習生として始めてから取得したいと思った時にお伝えください。

Q

年齢制限はありますか?

A

2016年からは16歳以上満34歳になっております。

Q

プロになるまでだいたいどのくらいの期間の練習が必要ですか?

A

早くて1年以内にプロテストを受験するところまでは可能です。ただ技術の習得などには個人差がありますので、テストとはいえリングで本気で打ち合うので一歩間違うと大変危険なため、基本的なオフェンスやディフェンスを習得しない限り、沼田ボクシングジムでは個人個人の状況を見てプロテストの受験可否を決めさせていただきます。

Q

プロボクサーライセンスを取ったら必ず試合をしなければいけないのですか?

A

必ず試合をしなければいけないわけではありません。最終的な目標をプロボクサーライセンス取得にしている方もたくさんいます。ライセンスを取得した後に試合をしたい方は会長に試合に出たいと伝えてください。

Q

試合をするまでにはどのような練習をするのですか?

A

会長やトレーナーの指導のもと、試合に勝つために実戦的なトレーニングをします。主にスパーリング(練習試合のようなもの)を多くすることになります。ハードなトレーニングを行いますが、残り一週間前頃からは、試合でベストパフォーマンスができるように疲労をとりながら練習をし、試合にのぞみます。

Q

プロになったら1日にどのくらいの練習時間が必要ですか?

A

特に決められた必要な時間はないです。結果的に平均しても1日あたり1時間半〜2時間程度の練習時間になります。仕事や学業と両立して練習をする選手が多いので量よりも質を重視して実施しています。ロードワークはトレーナーの指示の元、自主的に行っていただきます。

Q

減量はしなくてはいけないのですか?

A

減量は多かれ少なかれすることになります。ボクシングでは各階級細かく体重制限があり、体格的に優位に立つため対戦相手も体重を落としてきます。体格や骨格に見合った階級を会長やトレーナーから提案をしますので、自分自身とも相談して階級を決めます。

Q

試合が決まってから練習期間はどのくらいあるのですか?

A

大体、一か月〜二か月前に試合が決まるケースが多いです。試合をする選手は試合がいつ決定してもいいように常に練習をしていますが、試合が決定した際に対戦相手の特徴に応じて作戦を立てて練習をします。

Q

収入はどのくらいになりますか?

A

ファイトマネーについては定められた金額はないです。人気などによっても変わりますので一概にはいえませんが、最低限いくらということではC級ボクサーで4万円程度、B級で6万円程度、A級で10万円程度と決められています。つまり、プロボクサーという職業だけで生活する方はほんの一握りになります。

トップへ戻る

ボクシングについてのQ&A

Q

ボクシングをやってみたいのですが、ボクシングは「怖い」「危険」といったイメージがどうしても抜けず、ボクシングジムの敷居が高く感じられ、ドアをくぐれないのですが・・・。

A

テレビなどで見るボクシングの試合は、練習に練習を積み重ね、なおかつ資質にも恵まれたボクシング界のトップの選手が戦うもので、あのようなことをボクシングジムの練習でやるわけではありません。プロを目指す選手であっても、テクニックが身につくまでは安全な練習しかしませんし、体力づくりを目的にジムに通う人たちは基本的にスポーツクラブに通うのと同じ気楽さでジムに通っています。

Q

昔読んだマンガや映画でボクシングをやっていた人は飲食店の用心棒をやっていたりなど、何か危ないイメージがあるのですが・・・。

A

それらはマンガや映画の創作で、決してそんなことはありません。概してそのような創作ものでは武道(日本→正義)、ボクシング(西洋→悪)といった裏の図式によるカタルシス(うっぷんを晴らす気持ちよさ)もあり、ボクシングを悪者に描く傾向があるようです。しかしマンガでも「はじめの一歩」(少年マガジン連載)のように、いじめにあっていた少年がボクシングと出会って力強く成長していく姿を描いたものや、実際に第35代WBC世界フライ級王者の内藤大助選手のように、ボクシングと出会っていじめや暴力に負けない心の強さを育てていった人もいます。ボクシングは子どもでも大人でも、健康づくりに、また自信を育てることにきっと役立つであろうスポーツです。

Q

テレビでボクシングを見ていると、非常に乱暴な言動の人もいて、やはり野蛮な世界という気がしてしまうのですが・・・。

A

テレビやマスコミは基本的に視聴率や購買率を上げることが必要で、人々の耳目を集めるものに注目して報道しますので、目立つものにカメラなどが集中したり、また試合への関心を盛り立てるために、選手もそのように演じるという側面があります。しかし、一度ボクシングジムを見学していただければ、思っていたよりずっと礼儀正しい世界であることをご理解いただけると思います。

Q

ボクシングジムは「戦う」という意欲の強い人や殴られることを恐れない人たちが行くところで、軽い気持ちでは入ってはいけない気がするのですが・・・。

A

フィットネスクラブでボクササイズが流行っていますが、それと同様の感覚でジムに通っている人が多くいます。またジムでは本人が望み、かつテクニックが身につくまではミットやサンドバックを叩くだけで、人と人がお互いにパンチを出す、といった練習をすることはありません。サンドバックは叩いてみたいけれど、人を殴ったり殴られたりというのはまったく望まない・・・という人は大歓迎です。そもそも、よほど特殊な人でない限り、人を殴ったり、殴られたりというのは好きではないのが当たり前ですし、ジムに通っている人もそのようなごく普通の人たちばかりです。

トップへ戻る

Copyright 2016 NUMATA BOXING GYM All rights reserved.